2019.03.17

レーヴ監督、ドイツ代表の正守護神争いに言及「ノイアーがキャプテンだ」

ヨアヒム・レーヴ監督
ポジション争いに言及したレーヴ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ドイツ代表を率いるヨアヒム・レーヴ監督が、同代表守護神のポジション争いについて言及した。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 ドイツ代表はEURO2020の予選に向けたメンバーをすでに発表しており、マヌエル・ノイアーバイエルン)とマルク・アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)の正守護神争いが注目を集めていた。

 今回、レーヴ監督がこのポジション争いについて次のように言及。自身の考えるファーストチョイスを語った。

「私はオプションを変えるつもりはない。ノイアーがファーストチョイスだ。11月にも言ったが、彼が我々のチームでは一番であり、キャプテンだよ」

「テア・シュテーゲンは偉大なクラブでプレーしている。彼にも出場機会を与えようと思っている。このチームでは全てのポジションで競争があるし、GKにおいては今言ったような状況だ」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る