2019.03.15

ヴォルフスブルク電撃退任のラッバディア監督…日本や海外も新天地候補?

ラッバディア
昨年2月からヴォルフスブルクを率いているラッバディア監督 [写真]=Bongarts/Getty Images
ドイツ最大のサッカー専門誌『kicker』日本語版

 昨年2月にヴォルフスブルクの監督へと就任し、入れ替え戦の末にブンデスリーガ1部残留を達成すると、今シーズンの前半戦を5位で終えるなど、チーム状況を好転させたブルーノ・ラッバディア監督。しかし、今シーズン限りとなっている契約の満了とともに退団することを表明した。

 ドイツ誌『kicker』日本語版は15日、ラッバディア監督の今後について報道。「行き先については、今のところはまだ不透明なままとなっている」と前置きしつつ、ドメニコ・テデスコ監督を解任したシャルケが新天地候補の一つと伝えた。さらに、日本や中国のクラブともコンタクトをとっているという。

 ラッバディア監督は「特にこれといったものがあるわけではないよ。私は決して気の緩みをもつことなくシーズンに臨みたい。良い結果を出したい。意欲的なんだ。今の流れを継続していくこと。そして礎を構築していくこと。それが私の望みなんだ」と、ヴォルフスブルクでの今シーズンの残り期間に集中する意向を強調している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る