FOLLOW US

大迫所属のブレーメンに痛手、ハルニクが数週間の離脱…ドイツ杯で負傷

今季開幕前にブレーメンへ復帰したハルニク [写真]=Bongarts/Getty Images

 日本代表FW大迫勇也が所属するブレーメンは8日、オーストリア代表FWマルティン・ハルニクが筋肉系のケガを負ったと発表した。数週間の離脱を強いられる見通し。

 ブレーメンは5日、DFBポカール3回戦のドルトムント戦でPK戦を制した。ハルニクは延長後半終了間際に3-3となる同点ゴールを記録。難敵撃破の立役者となった。しかし、同試合で負傷してしまったという。

 ハルニクは現在31歳。ブレーメンの下部組織出身で、2007年にトップチームへ昇格した。2009-10シーズンにはデュッセルドルフへのレンタル移籍を経験し、2010年からはシュトゥットガルトとハノーファーでプレー。今シーズン開幕前にブレーメンへ復帰し、ブンデスリーガ第21節終了時点で13試合出場3得点3アシストを記録している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO