2019.02.08

宇佐美はデュッセルドルフ完全移籍?…独誌がブンデス日本人選手の来季動向を予想

ブンデス1部レンタル組の(左から)浅野、宇佐美、久保 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガの後半戦も開幕し、各クラブが来シーズンに向けて戦力の調整に動き始めているようだ。6日のドイツ誌『シュポルト・ビルト』が報じている。ブンデスリーガ1部には今シーズンいっぱいで契約が切れる選手が102人おり、レンタル移籍した日本人選手たちについても言及されている。

 昨シーズンの1部昇格に貢献したデュッセルドルフのMF宇佐美貴史は、今シーズンこれまで公式戦16試合に出場し、主力としてのポジションを確立。同誌はデュッセルドルフが「ウサミをアウクスブルクから獲得する」と断定的な見方を示している。

 ベルギー1部のヘントからニュルンベルクに加入したFW久保裕也は、シーズン序盤こそ奮闘していたものの、チャンスを生かせずにスタメンの座を失ってしまった。同誌は「(他の控え選手たちと同様に来シーズンに向けた)交渉は行われていない」と記し、「残留はしない」と見ている。

 同じく、残留争いに苦しむハノーファーのFW浅野拓磨の去就も不透明だ。思うように結果が出ていない今シーズンの成績を受けて、同誌は浅野を含むレンタル選手全員が「(クラブには)残らないだろう」と予測している。

 また、同誌は別の記事のなかで、ベジクタシュで2得点の鮮烈デビューを果たしたMF香川真司を『今週の勝者』として、「ドルトムントのレンタル選手にとって、完璧なデビューを飾った!」と紹介。活躍の場を求めるレンタル移籍の明暗を分ける形となった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
51pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る