2019.01.12

宇佐美所属のデュッセルドルフ、指揮官が今季限りで退任…現在は14位

フリートヘルム・フンケル
今季限りで退任となるデュッセルドルフのフンケル監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 宇佐美貴史が所属するフォルトゥナ・デュッセルドルフのフリートヘルム・フンケル監督がクラブと契約を延長せず、今季限りで退任することとなった。同クラブが公式HPで11日に発表した。

 フンケル監督は2016年からデュッセルドルフの指揮を執っており、昨季にはクラブにとって5年ぶりとなる1部昇格に貢献した。今季は1部残留という目標を掲げていて、ブンデスリーガ第17節終了時点で14位につけている。

 また、デュッセルドルフは10日にはエールディビジのFCエメンとテストマッチを行った。宇佐美は先発出場したものの、無得点のままハーフタイムで交代となった。試合はデュッセルドルフが1-0で勝利した。

 デュッセルドルフは19日にブンデスリーガ第18節で現在15位のアウクスブルクと対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る