2018.12.23

「苦しいシーズンでした」…構想外続く香川真司、移籍先は「スペイン中心に」

香川真司
ドイツから帰国した香川真司
サッカー総合情報サイト

 ドルトムントに所属するMF香川真司が23日にドイツから帰国し、取材に応じた。

 香川は今年2月に左足首を負傷して戦線を離脱するも、2018 FIFAワールドカップ ロシアでは日本代表の10番を背負い、3試合にスタメンで出場。グループステージ第1戦のコロンビア代表戦ではPKで貴重な先制弾を挙げた。香川はロシアW杯を「特別な大会だったし、得たものはたくさんあった」と振り返る。

 ロシアW杯終了後はドルトムントで試合に絡めない日々が続いた。今シーズンのブンデスリーガではここまでわずか2試合の出場にとどまっている。「W杯以外ではほとんど試合に絡めなかった。非常に苦しいシーズンでした」と香川は2018年を振り返った。

 今冬の移籍市場で香川はスペインへの移籍が噂されている。移籍先については「100パーセントとは言い切れないですけど、そこ(スペイン)を中心に探している。必ず実現させたい」とコメント。スペイン移籍を希望していることを改めて明かした。
 
 また、香川は日本代表の“先輩”として、AFCアジアカップ2019に臨む日本代表についてもコメント。「今の代表は若い選手が良い結果を残している。アジアカップは色々なアクシデントがあるし、簡単な試合は1つもない」と話した上で「本当に応援しています」とエールを送った。
 

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る