2018.12.16

ドルトムントがブレーメン下し首位独走…香川はベンチ外、大迫は途中出場

ドルトムント
今季首位独走中のドルトムント [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 15日、ブンデスリーガ第15節が行われ、ドルトムントが2-1でブレーメンに勝利した。ドルトムントの香川真司はベンチ入りせず。ブレーメンの大迫勇也は73分から途中出場している。

 勝てば前半戦を首位で折り返すことが決まるドルトムント。立ち上がりから調子の良さを見せつけると、19分均衡を打ち破った。右サイドからのフリーキックにパコ・アルカセルが頭で合わせゴール。今季好調の男が先制点を挙げた。

 27分には追加点。敵陣でのボール奪取からジェイドン・サンチョがクロスをあげると、マルコ・ロイスがこれに合わせ、2点差とした。

 それでも35分、ブレーメンが反撃をみせた。ペナルティエリア手前で浮いたボールをマックス・クルーゼが豪快にボレー。強烈なシュートをゴールに突き刺して1点差とした。

 後半もドルトムントが主導権を握るがゴールはなかなか奪えず。73分にブレーメンは大迫を投入して勝負を仕掛けた。

 しかし、両チームともにゴールは遠く。ドルトムントは逃げ切りに成功し、2-1でブレーメンを下した。など、ドルトムントは勝ち点を「39」に伸ばし、2位ボルシアMGとの勝ち点差を「9」としたため、前半戦を首位で折り返すことを確定させた。

【スコア】
ドルトムント 2-1 ブレーメン

【得点者】
1-0 19分 P・アルカセル(ドルトムント)
2-0 27分 ロイス(ドルトムント)
2-1 35分 クルーゼ(ブレーメン)

【スターティングメンバー】
ドルトムント(4-2-3-1)
ビュルキ;ピシュチェク、アカンジ、ディアロ、ハキミ;ヴィツェル、デラネイ;サンチョ(90+2分 M・フィリップ)、ロイス、ゲレイロ(89分 プリシッチ);P・アルカセル(81分 ゲッツェ)

ブレーメン(4-3-1-2)
パブレンカ;ゲブレ・セラシェ、ラングカンプ、モイサンデル、アウグスティンソン;M・エッゲシュタイン(83分 サージェント)、シャヒン、クラーセン(18分 ムーヴァルト);クルーゼ;ハルニク、ラシカ(73分 大迫)

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る