2018.12.16

大迫勇也、体調不良から復帰し2戦ぶり出場「これからまた頑張ります」

大迫勇也
ブレーメンに所属する大迫勇也 [写真]=Bongarts/Getty Images
Kota Minato

 ブレーメンに所属する日本代表FW大迫勇也は、15日に行われたブンデスリーガ第15節のドルトムント戦に73分から途中出場。前節は病欠だったため、2試合ぶりの出場で体調については「もう大丈夫。これからまた頑張ります」と語った。

 大迫は気道感染症により4日の練習を欠席すると、6日に行われた前節デュッセルドルフ戦を欠場。そこでチームは3-1で6試合ぶりに勝利を収めていたため、今節ベンチスタートだった大迫は「前節チームがしっかり勝ったので、こうなることは想定していたし、その中でしっかりと途中から出ることを考えていた」と話した。

 試合は首位を快走するドルトムントに2点リードを許したが、ブレーメンは35分にマックス・クルーゼのボレーシュートで反撃の狼煙を上げる。だが、後半もチャンスを作ったものの、1点が遠く1-2で敗れた。「勇気をもって前からプレッシャーをかけること。それがここ5、6試合できていなかったので、もう一回チーム全体でやろうと心掛けていた」と明かし、「勝てそうな雰囲気はあったし、チャンスもあったので、ただ悔しい」と振り返った。

また、この日はFIFAクラブワールドカップ2018準々決勝で、古巣の鹿島アントラーズがグアダラハラ(メキシコ)に3-2で勝利。19日に準決勝でレアル・マドリードとの対戦が決まったが、大迫は「次、頑張って欲しい」とエールを贈った。

 ブレーメンは次節、19日にホームでホッフェンハイムと対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る