2018.12.10

レーヴ監督、将来的にクラブの指揮を希望「続けることは考えていない」

キャリアに言及したレーヴ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ドイツ代表を指揮しているヨアヒム・レーヴ監督がクラブ指揮官に興味を示しているようだ。9日、スペイン紙『マルカ』がコメントを報じている。

 今回レーヴ監督は、自身の今後のキャリアについて言及。代表監督をいずれ退任し、クラブを指揮することを希望しているようだ。

「今がキャリアにおけるメインの時期であることはわかっているし、今後何をやりたいのか考える必要がある。もう一度クラブを指揮したい。このままドイツ代表の監督を続けることは考えていない。将来は国外にいる可能性が高いだろう。レアル・マドリード? 興味を示さない監督はいないね」

 レーヴ監督は2006年に行われたFIFA ワールドカップ ドイツ終了後に現在のポストに就任すると、2010年の南アフリカW杯では3位に、そして2014年のブラジルW杯ではドイツを優勝に導いていた。しかしロシアW杯ではグループステージ敗退。9月から行われているUEFAネーションズリーグではグループステージで最下位に終わり、降格が決定している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る