2018.12.07

気道感染症の大迫勇也が練習復帰、次節出場なるか…指揮官「予想よりも良い」

大迫勇也
バイエルン戦でヘディングシュートを決めた大迫勇也 [写真]=Bongarts/Getty Images
ドイツ最大のサッカー専門誌『kicker』日本語版

 ブレーメンは7日、ブンデスリーガ第14節でデュッセルドルフと対戦する。日本代表FW大迫勇也はコンディション不良により、同試合の出場が危ぶまれているようだ。ドイツ誌『kicker』日本語版が7日に伝えている。

 今月1日のブンデスリーガ第13節バイエルン戦でヘディングシュートを決めた大迫だが、気道感染症で4日の練習を欠席した。報道によると、フローリアン・コーフェルト監督は6日のプレスカンファレンスにて「木曜日(6日)に練習に参加する予定だ」とコメント。ただ、同選手の状態については「まだわからない」と述べるにとどまっている。

 しかし、練習を終えた後にコーフェルト監督が「予想していたよりもだいぶ良い」と、大迫の状態についてコメントしたと、ブレーメンの公式ツイッター日本語版が伝えている。

 ブレーメンはブンデスリーガ第13節を終えて5勝3分け5敗、勝ち点「18」で9位。6位ホッフェンハイムとは3ポイント差で、上位へ再浮上するためにも重要なホームゲームを迎える。

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る