2018.12.05

バイエルン戦でゴールの大迫勇也、次節欠場か…気道感染症で練習欠席

大迫勇也
コンディション不良と報じられた大迫勇也 [写真]=picture alliance via Getty Images
ドイツ最大のサッカー専門誌『kicker』日本語版

 今月1日のブンデスリーガ第13節では、バイエルンに1-2と競り負けたブレーメン。日本代表FW大迫勇也は同試合でヘディングシュートを決めたが、コンディション不良に陥っているようだ。ドイツ誌『kicker』日本語版が5日に伝えている。

 同誌によると、大迫は4日のトレーニングに参加しなかったという。元ペルー代表FWクラウディオ・ピサーロとともに気道感染症を患っており、出場に向け「ピサーロは半々。勇也はそこまでよく見えない。様子を見てみなければ」と、フローリアン・コーフェルト監督は語っている。

 ブレーメンは次節、7日に行われる第14節でデュッセルドルフをホームに迎える。6位のホッフェンハイムと3ポイント差につけているだけに、上位進出のためには重要な一戦だ。だが、大迫とピサーロ以外にも、バイエルン戦ではセルビア代表DFミロシュ・ヴェリコヴィッチが臀部に筋損傷を抱えて離脱し、フィンランド代表DFニクラス・モイサンデルが退場処分を受けるなど、苦しい台所事情となっている。

 金曜日開催ということで次節までの準備期間は限られているが、大迫はピッチに立つことができるだろうか。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る