2018.11.05

宇佐美貴史がリーグ戦4戦ぶり先発も…デュッセルドルフは泥沼6連敗

デュッセルドルフはボルシアMGに敗れて7戦未勝利 [写真]=Borussia Moenchengladbach via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第10節が4日に行われ、FW宇佐美貴史が所属するデュッセルドルフはアウェイでボルシアMGに0-3で敗れた。宇佐美はリーグ戦4試合ぶりの先発出場で左サイドハーフに入り、78分までプレーした。

 前半はお互いチャンスを決めきれず、宇佐美も39分に素早いリスタートからミドルシュートを放つが枠を外した。試合が動いたのは後半開始直後の48分、ボルシアMGは相手のハンドでPKを得ると、トルガン・アザールがゴール左隅に沈めて先制。さらに67分にはショートカウンターからエリア左フリーのヨナス・ホフマンが追加点を挙げ、82分にもアザールが強烈なミドルシュートでネットを揺らして勝負あり。ボルシアMGが完封勝利で6勝目。デュッセルドルフは6連敗を喫した。

 次節、デュッセルドルフは11日にホームでヘルタ・ベルリンと、ボルシアMGは同日にアウェイで日本代表FW大迫勇也が所属するブレーメンと対戦する。

【スコア】
ボルシアMG 3-0 デュッセルドルフ

【得点者】
1-0 48分 トルガン・アザール(PK)(ボルシアMG)
2-0 67分 ヨナス・ホフマン(ボルシアMG)
3-0 82分 トルガン・アザール(ボルシアMG)

【スターティングメンバー】
ボルシアMG(4-3-3)
ゾマー;ラング、ギンター、エルヴェディ(46分 ヤンチュケ)、ヴェント;ノイハウス、シュトローブル、ホフマン(85分 シュティンドル);アザール、ラファエウ(64分 ジョンソン)、プレア

デュッセルドルフ(4-4-2)
レンジング;ツィマー、アイハン、ボームート、ギーセルマン;ルケバキオ、ツィンマーマン、モラレス、宇佐美(78分 ロヴレン);ヘニングス、ドゥクシュ(66分 カラマン)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る