2018.10.22

ブンデス首位のドルトムント、指揮官が若手選手に期待「クオリティがある」

ドルトムント
今季好調のドルトムントを支える若手選手たち [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ドルトムントのリュシアン・ファーヴル監督が若手選手について言及した。

 ブンデスリーガ第8節まで終わり現在首位のドルトムント。総得点がリーグトップの「27」と攻撃陣が爆発している。その攻撃陣のカギを握っているのが、20歳のデンマーク代表MFヤコブ・ブルーン・ラーセンやイングランド代表MFジェイドン・サンチョといった若手選手。ドルトムントの指揮官は同選手らについて次のようにコメントした。

「若いウィンガーがいることで、我々は攻撃的な型ができている。サンチョとラーセンは若くてモチベーションも高く、クオリティがある選手だ。チャレンジ精神も旺盛なんだ」

「さらにマルコ・ロイスやパコ・アルカセルとも共存することも可能だ。試合をコントロールすれば得点が生まれる。これがうまくいけば良い成績となるだろう」

 ドルトムントは次節ヘルタ・ベルリンと対戦予定。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る