2018.09.22

復帰戦で決勝ゴール決めた宮市、SNSで喜びのコメント「素直に嬉しい」

宮市亮
復帰戦ゴールでチームを勝利に導き、喜ぶ宮市亮 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ザンクトパウリ(ドイツ2部)に所属する日本人FW宮市亮が復帰戦ゴールに喜んだ。21日、同選手は自身のSNSを更新している。

 右ひざ前十字じん帯断裂で離脱が続いていた宮市は、21日に行われたブンデスリーガ2部第6節のインゴルシュタット戦で70分に途中出場し、2017年5月21日のボーフム戦以来、1年4カ月ぶりにトップチームの公式戦に復帰を果たした。

 すると82分、味方のロングパスに反応してDFの裏を抜け出すと、ペナルティエリア中央で頭で押し込み、先制点を記録。2016年5月15日のカイザースラウテルン戦で2ゴールを決めて以来、2年4カ月ぶりとなる復活弾に、宮市は雄叫びを上げて喜んだ。

 試合後、同選手はInstagramに次のようにコメントを残している。

「復帰に関わって下さった方々のおかげで、公式戦に復帰し、得点をとり、勝利を飾ることができました。素直に嬉しいです」

「ひとまず、この場を借りて支えてくださった全ての方々にお礼させて下さい。まだシーズン始まったばかりなので、また切り替えて、頑張ります!これからも引き続きよろしくお願いします!」

 試合は宮市のゴールが決勝点となり、ザンクトパウリが1-0で勝利。連敗を3試合でストップさせた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る