2018.09.20

今夏のPSG移籍は実現せず…ボアテング「バイエルンともう一度話し合う」

ボアテング
PSG移籍の可能性を報じられていたボアテング [写真]=Getty Images for FC Bayern
サッカー総合情報サイト

 バイエルンに所属するドイツ代表DFジェローム・ボアテングが、クラブ首脳陣と話し合いの場を持つ意向であることを明かした。イギリスメディア『スカイスポーツ』が19日に報じている。

 ボアテングは今夏の移籍市場でパリ・サンジェルマン(PSG)移籍の可能性を取り沙汰され、去就に注目が集まっていた。移籍期限終了目前まで去就に関する報道は絶えなかったが、最終的にはバイエルン残留が決定。フランス紙『レキップ』によれば、移籍不成立の理由は高額な移籍金だったという。

 今回の報道によると、ボアテングは「近いうちに、もう一度話し合いをするべきだと考えているんだ。全てをバイエルンに集中するために、明確にすることが自分にとって重要なんだ」とコメント。クラブ首脳陣と話し合いの場を設けて、互いの立場や考えを整理する必要があると明かしている。

 今夏の移籍市場では、ウリ・ヘーネス会長やカール・ハインツ・ルンメニゲ代表取締役社長が条件次第で移籍を認める意向を示していたボアテング。残留が決まった今、改めて状況を整理することでプレーに集中できる環境を作ることが求められているようだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る