2018.09.15

出番なしの長谷部誠、ともに苦境の香川真司とは「励まし合いながら」

長谷部誠
フランクフルトに所属する長谷部誠(写真は8月のDFBポカール1回戦) [写真]=Getty Images
Kota Minato

 MF長谷部誠が所属するフランクフルトは、14日のブンデスリーガ第3節で、MF香川真司が所属するドルトムントに1-3で敗れた。長谷部は、今シーズンのリーグ戦で初のベンチ入りを果たしたが、最後まで出番は回ってこなかった。それでも試合後、「とにかく我慢しながら、来るチャンスをしっかりとつかみたい」と意欲を示した。

 長谷部はリーグ開幕前に、ドイツ・スーパーカップとDFBポカール1回戦の公式戦2試合にフル出場。アドルフ・ヒュッター新監督のもとでも、信頼は揺るがないものと思われたが、その2試合でチームが連敗を喫したことで状況が一転した。「最初の2試合でうまくいかなくて、フォーメーションを4バックに変えて、そこからボランチで監督が好んで使う選手の中に、自分がなかなか入っていけていないのは感じている。(監督が好むのは)とにかく走れて、相手を潰せる選手。ただ自分の強みは、どちらかというと、もっとボールを触って、チームを落ち着かせるところだと思う」。

 厳しい状況ではあるが、ボジション奪取への自信はある。「きょうの試合でも、そういう(落ち着かせる)ところでチームはちょっとうまくいっていないなと感じていたので、チャンスを与えられれば、やれるなという部分もある。とにかく我慢しながら、来るチャンスをしっかりとつかみたい」。20日にはヨーロッパリーグ初戦を迎え、この約3週間で7試合という過密日程を強いられるため「連戦なので、その中でケガ人も結構多くて、こういうなかでチャンスは来ると思う」と気を引き締めた。

 試合終了後には、開幕からメンバー外が続く香川とベンチで雑談していた。「真司とはお互いの近況を話したりとか、いろんな話をしました。彼も同じような我慢のしどきかもしれないですけど、そのへんは励まし合いながら、そんな話をしていました」と2人で気合を入れ合ったようだ。

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング