2018.09.02

左FWで先発の大迫勇也、移籍後ブンデス初得点で手応え「サイドでも点取れる」

大迫勇也
ブレーメン移籍後初ゴールを決めた大迫勇也 [写真]=Bundesliga/DFL via Getty Images
Kota Minato

 ブレーメンのFW大迫勇也が移籍後ブンデスリーガ初得点をマークした。9月1日に行われたリーグ第2節のフランクフルト戦で、3トップの左で先発出場し、2-1の勝利に貢献。試合後、「サイドでも点を取れる」と手応えを語った。

 大迫のリーグ初得点はVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)に救われた。見せ場が訪れたのは21分。MFマキシミリアン・エッゲシュタインからの浮き球パスに、際どいタイミングで最終ラインの裏に抜け出すと、冷静にGKの股を抜いてゴールネットを揺らした。しかし、副審はオフサイドのジャッジ。それでも大迫本人が「たぶんオフサイドじゃないな、と思いましたけど」と言ったように、ビデオ判定の結果、ゴールが認められた。「喜ぶ時間差ができるけど、ちゃんと判定してくれているので、しょうがないですね」。

 ゴールは狙いどおりの形だった。大迫は「練習の時に監督からすごく言われていることを、しっかりと出せた」と得点シーンを振り返り、「しっかり中に入って裏を取って、ということはサイドの選手に求められること」と監督の指示を明言。その上で、サイドでのプレーに手応えをつかんでいるようだ。「真ん中のマックス(・クルーゼ)のところでボールが落ち着くので入りやすい。守備のところもそこまで下がらず、(味方が)負担してくれるので、前に行ける。あれならサイドでも点を取れるかなと思う。守備だけじゃない、攻撃的なサイドなので、面白みもある」。

 大迫は今回の日本代表に招集されなかった。「選ばれたら行ってましたけど(笑)」と冗談を言ったが、「この2週間しっかり内容の濃いものにしたい」とブレーメンでの戦いに切り替えている。「ドイツでしっかり自分の存在価値を示していくことが、自分にとっても成長することだと思うし、ここ(クラブ)でたくさんプレーできれば、また代表にいろんなものを還元できると思うので、今は代表のことは考えずに、ここで頑張るだけ」と意気込んだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る