2018.05.24

レヴァンドフスキ争奪戦が勃発か…マンU、チェルシー、PSGが獲得狙う

レヴァンドフスキ
DFBポカール決勝で長谷部誠(右)と競り合うレヴァンドフスキ [写真]=Getty Images
ドイツ最大のサッカー専門誌『kicker』日本語版

 バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキに、各国のビッグクラブが関心を示しているようだ。ドイツ誌『Kicker』日本語版が23日に報じている。

 報道によると、以前から関心を報じられているマンチェスター・Uだけでなく、チェルシーもレヴァンドフスキ獲得を狙っているようだ。さらに、トーマス・トゥヘル監督の就任が決まったばかりのパリ・サンジェルマン(PSG)もポーランド代表のエースを迎え入れたいと考えているという。

 なお、バイエルンとレヴァンドフスキの現行契約は2021年まで残っている。クラブ首脳陣は同選手に対して、早期の契約解消には応じない意向を伝えている模様だ。ウリ・ヘーネス会長は「我々はサッカー界に対して、選手よりもクラブの方が立場が上であるということを示していくよ」と宣言。レヴァンドフスキ自身、そして獲得を狙う各クラブをけん制している。

 以前から移籍の可能性を取り沙汰されているレヴァンドフスキだが、来シーズンはどのクラブでプレーすることになるだろうか。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る