2018.05.24

シュメルツァー、ドルトムント主将継続を辞退「新たなスタートを」

シュメルツァー
キャプテン返上を表明したシュメルツァー [写真]=TF-Images/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表MF香川真司のドルトムントに所属する元ドイツ代表DFマルセル・シュメルツァーが、キャプテン継続を辞退した。クラブの公式HPが23日に伝えている。

 シュメルツァーは2016年夏、ドイツ代表DFマッツ・フンメルス(現バイエルン)から引き継ぐ形でキャプテンに就任。2シーズンに渡ってチームをけん引してきた。しかし来シーズン開幕を前に、キャプテン返上を表明。シュメルツァーは以下のようにコメントしている。

「非常にエネルギーを消耗する、責任が重い2年間だった。自分自身が決めたことだよ。チームのためには、それが一番だと思ったからね」

「2年間に渡ってキャプテンを務めてきたこと、そしてこのクラブで手にしてきた数多くのタイトルのうちの一つ(昨シーズンのDFBポカール)をキャプテンとして受け取れたことも誇りに思っている。でもチームには、この役割を務められる選手が他にも大勢いると思う。クラブがこの夏から新たなスタートを切りたいと考えているということもあって、キャプテンも新たに任命したほうがいいと考えているんだ」

 シュメルツァーは現在30歳で、2005年に下部組織へ加入してからドルトムント一筋でプレー。クラブ歴代8位の公式戦通算346試合出場を誇っている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る