2018.05.13

CL出場権獲得も…ドルトムント、シュテーガー監督が退任

ペーター・シュテーガー監督
ドルトムントのペーター・シュテーガー監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ドルトムントのペーター・シュテーガー監督が退任を発表した。

 12日に行われたブンデスリーガ最終節で、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントはホッフェンハイムに1-3と敗戦。しかし、得失点差でレヴァークーゼンを上回りチャンピオンズリーグ(CL)圏内の4位フィニッシュ。CL出場権獲得を果たした。

 一方で試合後、昨年12月に解任されたピーター・ボス前監督の後任として就任したシュテーガー監督が、今シーズンいっぱいでの退任を発表した。

「これがドルトムントでの最後の試合。前から決まっていたんだ。新しい監督からの新しい刺激が受けて、クラブはより良くなるだろう」

 新監督の有力候補としては、現在リーグ・アンのニースを指揮し、ドイツではボルシアMGなどを率いたルシアン・ファブレ監督の名前が挙がっている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る