2018.05.02

ケルン降格で去就に注目…大迫勇也、新天地候補にハノーファーが浮上か

大迫勇也
ハノーファー移籍の可能性を報じられた大迫勇也 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也に、ハノーファーが関心を示しているようだ。地元紙『Koelner Stadt Anzeiger』が5月1日に報じている。

 ケルンは4月28日に行われたブンデスリーガ第32節のフライブルク戦で2-3と敗れ、2試合を残して5シーズンぶりの2部降格が決定。ドイツ人GKティモ・ホルンらはすでにケルン残留を表明しているが、複数の主力選手が移籍の可能性を取り沙汰されている。

 報道によると、ハノーファーが大迫に関心を示しているという。同クラブでマネージャーを務めるホルスト・ヘルト氏が獲得の可能性を探っている模様で、正式オファーへ発展する可能性も十分にありそうだ。

 なお大迫とケルンの現行契約は2020年までとなっているが、同紙によれば、2部降格決定時に契約を解除できる条項が選手側に付随しているという。大迫が移籍を希望した場合、障壁となる要素はないようだ。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
42pt
マンチェスター・C
41pt
トッテナム
36pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
36pt
ボルシアMG
29pt
バイエルン
27pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
セビージャ
28pt
アトレティコ・マドリード
28pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
43pt
ナポリ
35pt
インテル
29pt
欧州順位をもっと見る