2018.04.26

逆転負けのバイエルン、ロッベンら3選手が負傷交代…ボアテングは離脱へ

ロッベン、ボアテング、J・マルティネス
ロッベン(左)、ボアテング(右上)、J・マルティネス(右下)が負傷 [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 25日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝ファーストレグで、バイエルン(ドイツ)はホームでレアル・マドリード(スペイン)に1-2と逆転負けを喫した。痛恨の結果に終わったバイエルンだが、3選手が負傷交代を強いられるというアクシデントにも見舞われている。


 負傷交代を強いられたのは、元オランダ代表MFアリエン・ロッベンとドイツ代表DFジェローム・ボアテング、そしてスペイン代表MFハビ・マルティネスだ。3選手の状況について、バイエルンのユップ・ハインケス監督がコメントした。クラブの公式HPが伝えている。

 ロッベンは開始8分、ペナルティーエリア内での相手選手との接触で負傷。早々とプレー不可能となった。ハインケス監督は「それほどひどい状態でないことを願っている」とコメントするにとどめている。

 続いては34分、ボアテングが負傷。指揮官は「筋肉の負傷だ」とコメントし、「欠場することになるだろう」と、離脱を強いられる見通しであることも明かしている。

 そして75分にはJ・マルティネスが頭部を強打。「ハビはこめかみに打撲を負い、脳震とうを起こしていた」とハインケス監督は説明している。

 ボアテングは離脱を強いられる見通しのようだが、ハインケス監督は「不確かな発言をするつもりはない。我々は明日の診断結果を待つ必要がある」とした。3選手は26日に診察を受ける予定となっている。

 敵地でのセカンドレグは5月1日に行われる。逆転突破を目指すうえで、3選手が欠場となれば大きな痛手だ。診断結果の判明が待たれる。

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング