2018.04.22

香川不在のドルト、4発でレヴァークーゼンを撃破! 3位と4位の直接対決制す

ドルトムント
レヴァークーゼンを4-0で倒したドルトムント [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第31節が22日に行われ、ドルトムントとレヴァークーゼンが対戦した。

 ドルトムントはブンデスリーガ4位であり、3位のレヴァークーゼンをホームで迎えた。来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権のかかっている、両者ともに負けられない試合である。香川真司はメンバー外となった。

 最初に試合を動かしたのはドルトムントである。13分、クリスティアン・プリシッチのスルーパスを足元でコントロールしたジェイドン・サンチョはファーネットへとボールを流し込んだ。ドルトムントは先制に成功。同選手にとってリーグ戦初ゴールとなった。

 34分、またも試合が動いたかのように見えたが、VARによりマルコ・ロイスのハーフボレーシュートは残念なことにノーゴールの判定が出てしまった。最終ラインから蹴ったロングボールをマキシミリアン・フィリップがロイスに頭で落としたものの、オフサイドの判定が出てしまった。

 そして37分、今度はプリシッチが相手のペナルティエリア内で倒されPKを獲得。ロイスが左側に蹴り込むがレヴァークーゼンGKラマザン・エズカンに読まれ、失敗に終わった。

 1-0で前半を終えて、迎えた後半55分、試合をコントロールしていたドルトムントは追加点を求めて攻撃に出る。マリオ・ゲッツェのパスを受けたロイスがキーパーを抜いて左足でゴールへと流し込んだ。

 63分、またもドルトムントが攻める。ロングボールに反応したサンチョは華麗なファーストタッチでボールを収める。左サイドからのクロスに合わせたフィリップが3点目を右足で決めきった。

 試合が終了に近づくがドルトムントは尚攻め続ける。79分、左サイドからのサンチョのクロスに、エリア内でフリーだったロイスが合わせてヘディングゴール。そのまま試合は終了のホイッスルを迎えて3位と4位の直接対決はドルトムントが4-0の快勝に終わった。

 これによりドルトムントはブンデスリーガ順位を勝ち点54で3位に上昇。一方、レヴァークーゼンは勝ち点51で4位に落ちてしまい、ドルトムントに追い抜かれてしまった。

 ドルトムントは30日にアウェイでブレーメンと対戦する。一方、レヴァークーゼンは29日にホームで、浅野拓磨のシュトゥットガルトと対戦する。

【スコア】
ドルトムント 4-0 レヴァークーゼン

【得点者】
1-0 13分 ジェイドン・サンチョ(ドルトムント)
2-0 55分 マルコ・ロイス(ドルトムント)
3-0 63分 マキシミリアン・フィリップ(ドルトムント)
4-0 79分 マルコ・ロイス(ドルトムント)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る