2018.03.17

宇佐美貴史は5戦連発ならずも…原口と共にチームの3連勝と首位堅守に貢献

宇佐美貴史
4試合連続の先発出場を果たした宇佐美貴史(写真は第26節デュイスブルク戦のもの) [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ2部第27節が16日に行われ、FW宇佐美貴史とMF原口元気が所属するデュッセルドルフはホームでビーレフェルトと対戦した。

 デュッセルドルフに所属する日本人選手2人は、欧州遠征に臨む日本代表にも揃って選出されている。4戦連続ゴールを継続中の宇佐美は4試合連続となる先発出場を果たし、原口も3試合連続でスタメンに名を連ねている。

 デュッセルドルフは25分にビーレフェルトに先制を許したが、すぐさま反撃に出る。31分に高い位置でボールを奪ってからワンツーで持ち上がると、最後はロウヴェン・ヘニングスが左足で放ったミドルシュートがゴールに突き刺さってデュッセルドルフが同点へと追いつく。

 50分にトム・シュッツの直接FKで失点を喫したデュッセルドルフは再びビハインドを背負うが、57分にCKから宇佐美が入れたクロスをファーサイドの原口がダイレクトで合わせ、右足でシュートを放つ。これはうまくミートせずにゴール前にいたヘニングスが合わせる形となったが、GKにセーブされてしまう。しかし、そこに詰めていたマルセル・ソボットカがゴールへと押し込み、ホームチームが試合を振り出しに戻した。

 勢いに乗るデュッセルドルフは68分、右サイドのCKからニコ・ギーセルマンが上げたクロスにアダム・ボジェクが頭で直接合わせてネットを揺らし、ついに勝ち越しに成功する。

 71分には自陣からのロングフィードを味方が頭ですらすと、そのボールを受けて抜け出したヘニングスがGKとの1対1に持ち込み、並走していたベニト・ラマンに絶妙のタイミングで横パスを出す。ラマンが難なく押し込んでゴールを挙げ、デュッセルドルフがリードを2点に広げた。

 試合はそのまま4-2で終了し、見事な逆転勝利を見せたデュッセルドルフが首位の座を堅守した。脳震盪からの復帰以降徐々に調子を上げている原口は、後半アディショナルタイムまでプレーした。63分にピッチを後にした宇佐美は5試合連続ゴールこそならなかったものの、それぞれチームの勝利に貢献している。

【スコア】
デュッセルドルフ 4-2 ビーレフェルト

【得点者】
0-1 25分 ユリアン・ベルナー(ビーレフェルト)
1-1 31分 ロウヴェン・ヘニングス(デュッセルドルフ)
1-2 50分 トム・シュッツ(ビーレフェルト)
2-2 57分 マルセル・ソボットカ(デュッセルドルフ)
3-2 68分 アダム・ボジェク(デュッセルドルフ)
4-2 71分 ベニト・ラマン(デュッセルドルフ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る