2018.02.08

バイエルン、長谷部と鎌田のフランクフルトらが4強へ/DFBポカール

DFBポカール準決勝進出クラブが出揃った [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 DFBポカール準々決勝が6日から7日にかけて各地で行われ、準決勝進出の4クラブが出揃った。

 ブンデスリーガで首位を快走するバイエルンは、3部のパーダーボルンと敵地で対戦。6-0と圧勝し、9シーズン連続でベスト4へ駒を進めた。

 日本代表MF長谷部誠とFW鎌田大地が所属するフランクフルトは、日本代表FW武藤嘉紀のマインツと対戦。3-0と快勝し、準決勝進出を果たした。長谷部がフル出場で勝利に貢献し、鎌田と武藤はベンチ外だった。

 また、ブンデスリーガ第21節終了時点で2位につけるレヴァークーゼン、同5位のシャルケも準決勝に進出。レヴァークーゼンはブレーメンに4-2、シャルケはヴォルフスブルクに1-0と勝利を収めている。

 DFBポカール準々決勝の結果は以下のとおり。準決勝の組み合わせ抽選は11日に行われる。

パーダーボルン 0-6 バイエルン
レヴァークーゼン 4-2 ブレーメン
フランクフルト 3-0 マインツ
シャルケ 1-0 ヴォルフスブルク

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
72pt
マンチェスター・U
56pt
リヴァプール
54pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
59pt
ドルトムント
40pt
レヴァークーゼン
38pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
62pt
アトレティコ・マドリード
55pt
バレンシア
46pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
66pt
ユヴェントス
65pt
ローマ
50pt
欧州順位をもっと見る