2018.01.21

酒井高徳と伊藤達哉所属のハンブルガーSV、成績不振でギスドル監督を解任

マルクス・ギスドル
監督業を解任されたマルクス・ギスドル氏 [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 DF酒井高徳とFW伊藤達哉が所属するハンブルガーSVは21日、マルクス・ギスドル監督を解任した。クラブの公式ホームページが伝えている。

 ハンブルガーSVは、ブンデスリーガ第19節終了時点で4勝3分12敗の勝ち点「15」で17位に低迷している。第19節のケルン戦に0-2と敗戦し、直近の公式戦6試合では2分4敗と成績が振るわなかったため、ギスドル監督は職を追われることになった。

 クラブは『ツイッター』で以下のようにコメントしている。「解任を決断するのは容易ではなかったが、もはやこれ以外に道はないと考えた。監督には感謝を述べたい。今回の状況は想定していたものではなかったもので、私たちも自問自答しなくてはならない」

 なお新監督は22日、日本時間23時の練習からチームを指揮することになることも発表された。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る