2017.10.23

ノイアーに代わり主将を務めるバイエルンMFミュラー、筋束の断裂で6週間離脱か

トーマス・ミュラー
ハンブルガーSV戦で途中出場したものの、負傷交代したミュラー [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 21日に行われたブンデスリーガ第9節のハンブルガーSV戦では、苦しみながらも数的有利を活かして勝利を掴み取ったバイエルン。しかしこの試合で負傷したドイツ代表MFトーマス・ミュラーが、数週間にわたり離脱を強いられるおそれがあるという。ドイツ誌『kicker』日本語版が伝えている。

 まだ正式な診断結果に関する発表はなされてはいないものの、ドイツ紙『ビルト』によれば同選手は筋束を断裂しており、6週間ほど離脱すると見られている。

 ドイツ代表GKマヌエル・ノイアーの離脱に伴いキャプテン代理を務めるミュラーは、ハンブルガーSV戦ではベンチスタートとなり、後半より投入。ピッチに入って7分後には貴重な先制点をアシストしたが、わずかその3分後には大腿筋の負傷により交代となってしまった。

 試合後に元オランダ代表MFアリエン・ロッベンは「負傷交代してしまったのだから心配なのは当然だ。トーマスはとても重要な選手だし、いまはキャプテンを担っている。もし離脱となるなら痛いよ」とコメント。

 ユップ・ハインケス監督も「もしも離脱となればいいことではないさ。いかに彼が重要かはよくわかっているし、そこまで悪くないよう願っているよ。何より早く復調するのが何より重要だ」と述べている。

 カルロ・アンチェロッティ前監督の下では苦しい時間も過ごしたミュラーだが、ハインケス監督の就任以降はトップ下の位置を掴んでおり、指揮官はこれからそのやりくりに頭を悩ませることになるかもしれない。

 代役候補としては、この日にミュラーにかわって先発出場していたコロンビア代表FWハメス・ロドリゲスが考えられるが、この日の試合は精彩を欠き前半のみで交代していた。

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング