2017.10.21

ドルトムントがビュルキと新契約を締結「信頼を示してくれて嬉しい」

ロマン・ビュルキ
ドルトムントとの新契約にサインしたビュルキ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ドルトムントは20日、スイス代表GKロマン・ビュルキと新契約を締結したことを発表した。新たな契約は2021年6月30日までに設定されている。

 2015年に加入したビュルキは、長年正守護神を務めてきた元ドイツ代表GKロマン・ヴァイデンフェラーからポジションを奪取。ドルトムント加入以降、ブンデスリーガで通算68試合に出場している。

 新契約締結に際し、同選手はドルトムントのクラブ公式HPを通じてコメントを発表。「難しい時期だったにもかかわらず、ドルトムントが僕に対する信頼を示してくれたのが嬉しい。このような偉大なチームで正GKを務めていることを誇りに思うよ。僕はチームのために全力を尽くしている」と喜びを表した。

 17日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第3節アポエル戦では失点に絡み、メディアから批判を浴びたビュルキ。しかし、首脳陣は新契約締結によって信頼を表した。ここから、その信頼に応えていきたいところだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る