2017.10.20

プリシッチ、ドルトムント移籍の裏にコヴァチ監督…「僕を支えてくれた」

プリシッチ
プリシッチ(左)と“恩人”のコヴァチ監督(右)[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 21日に行われるブンデスリーガ第9節のフランクフルト戦、ドルトムントに所属する19歳のアメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチにとっては特別な一戦になりそうだ。17日付のドイツ誌『シュポルト・ビルト』が伝えた。

 プリシッチの話によれば、現在フランクフルトを率いるニコ・コヴァチ監督の手助けなくして、2014年にドルトムントへやって来ることはできなかったようだ。当時15歳だったプリシッチがドルトムントにやって来るためには、EU圏内のパスポートが必要だった。その際に救いの手を差し伸べたのが、当時クロアチア代表で指揮を執っていたコヴァチ監督だという。

「ニコ・コヴァチ監督は、僕がクロアチアのパスポートを取得できるように助けてくれたんだ。彼は、本当に多くのことで僕のことで支えてくれたよ」とプリシッチは話している。祖父がクロアチア人であることから、二重国籍を得る権利があったプリシッチのために、クロアチア国内の各方面に掛け合ったのが、コヴァチ兄弟だったのだ。

 プリシッチは「小さな頃から欧州のトップクラブでプレーするのが夢だったんだ。だから、ドルトムントからのオファーがあったときには、どうしてもそのチャンスを掴みたかったんだ」と当時を振り返っている。

 コヴァチ監督は「クリスティアンは良い子だからね。弟のロバートと一緒に彼を助けたんだ。ドルトムントとの間にも入って、コンタクトを取り続けたよ。プリシッチのケースでは、私たちにもきちんとしたコネクションがあったからね。うまく行って良かったよ」と話している。

 だが、コヴァチ監督は続けて「まさか、DFBポカールの決勝で対戦相手のドルトムントの選手として、試合を決定づけるPKを取るなんてね。あの当時は、思っても見なかったよ」と苦笑いをしていたようだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
31pt
マンチェスター・U
23pt
トッテナム
23pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
26pt
ライプツィヒ
22pt
ドルトムント
20pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
バレンシア
27pt
レアル・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
32pt
ユヴェントス
31pt
インテル
30pt
欧州順位をもっと見る