2017.10.17

2年半ぶりホーム黒星のドルトムント、ライプツィヒFWが明かす“弱点”とは?

ドルトムント
ドルトムントはライプツィヒに敗れ、リーグ戦2年半ぶりにホームで黒星を喫した [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 14日のブンデスリーガ第8節で首位ドルトムントとのビックマッチを制したライプツィヒ。得点だけでなく、前線の献身的な動きで勝利に貢献したデンマーク代表FWユスフ・ポウルセンが「マッチプラン」を明かした。ドイツ紙『ビルト』が伝えた。

 ポウルセンは「センターバックの(エメル・)トプラクがボールを持ったら、徹底的にプレスを仕掛けることが決められていたんだ。彼は右利きなんだけれど、左足でプレーしなけらばならないようにね。不得意の足でプレーしなければならないようにして、僕らはそのメリット活かしたんだ」と勝因を明かした。

トプラク(左)とポウルセン(右)[写真]=Bongarts/Getty Images

『ビルト』紙によれば、トプラクはチーム最多の113回もプレーに関わっていたが、そのうちの約4分の1にあたる27回はゴールキーパーへのバックパスだったという。さらに、トプラクからは8回のパスミスを犯し、ドルトムントは思うようにDFラインからビルドアップができなかったようだ。

 中2日の17日にはチャンピオンズリーグでアポエルとのアウェイ戦が控えているドルトムント。グループステージ突破に向けて、決して落とせない一戦を前に、早急に弱点の修正が迫られている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る