2017.10.02

ゴールラッシュの日本人選手に独紙も高評価…初先発の伊藤は単独最高点

伊藤達哉 武藤嘉紀
初先発を飾った伊藤に独紙は「当たり」と絶賛 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第7節が9月29日から10月1日にかけてドイツ各地で行われ、マインツ日本代表FW武藤嘉紀はアウェイのヴォルフスブルク戦でチームに勝ち点1をもたらす同点ゴールを決めた。3試合連続スタメン出場の武藤は、今季3点目。地元紙『Allgemeine Zeitung』の採点でも、元ドイツ代表GKレネ・アドラーら3選手とともに最高点となる「2」をもらっている。(ドイツメディアの採点は最高1点、最低6点)

 日本代表DF酒井高徳が主将を務めるハンブルガーSV(HSV)はブレーメンとの「ノルト・ダービー」に臨んだが、両チーム無得点で勝ち点を分け合った。この試合で伊藤達哉がホームのサポーターの前でブンデスリーガ初スタメンに抜擢され、51分まで出場した。『Hamburger Morgenpost』紙は、伊藤にチーム単独最高点となる「2」をつけ、「HSVにとって間違いなく当たり」と絶賛。酒井も「今季1番の出来」とまずまずの評価を受けている。

 日本代表FW大迫勇也ケルンは、大迫が今季初ゴールを決めたものの、ホームでライプツィヒに1-2で敗れて今季6敗目。6戦連続先発出場の大迫はフル出場したが、地元紙の採点は「3」と月並みな点数だった。

 各選手の採点と寸評は以下の通り。

武藤嘉紀
ヴォルフスブルク(1-1)フル出場
『Allgemeine Zeitung』
採点:「2」
寸評:「同点に持ち込むヘディングシュートは見事だった。これ以外にもチャンスがあった。武藤はヴォルフスブルク守備陣に何度か仕事を課したが、相手はこれをほとんどクリアした」

酒井高徳
ブレーメン(0-0)フル出場
『Hamburger Morgenpost』
採点:「3」
寸評:「スランプを抜け出すべく試合をこなしている。28分の強烈なミドルシュートはわずかにゴールを外れたが、キャプテンの今季1番の出来だった」

伊藤達哉(0-0)先発出場、51分交代
『Hamburger Morgenpost』
採点:「2」
寸評:「(マークス)ギスドル監督がサプライズで先発抜擢したが、HSVにとっては間違いなく当たりだった。彼が慣れるのに要したのはわずか5分。その後はチームメイトからボールが集まってくるだけだった」

大迫勇也
ライプツィヒ(H)
『Koelner Stadt-Anzeiger』
採点:「3」
寸評:「ケルンの攻撃に厚みを加えた。ゴールも偶然の産物ではない」

『EXPRESS』
採点:「3」
寸評:「絶えずチャンスをうかがっていた。チームの試合運びを充実させ、1点差にするゴールを決めた」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
46pt
マンチェスター・U
35pt
チェルシー
32pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
35pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る