2017.09.10

内田がオウンゴール誘発!宇佐美が移籍後初弾!…両者の鮮烈デビュー戦は劇的決着

ウニオンに所属する内田篤人 [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ2部第5節でFW宇佐美貴史の所属するデュッセルドルフと、DF内田篤人の所属するウニオン・ベルリンが対戦した。今夏2部へと移籍した宇佐美と内田はともにベンチスタートとなった。

 開幕から無敗をキープしている両者の試合は17分、ホームのデュッセルドルフが先制に成功する。左CKのこぼれ球をペナルティエリア内中央のマルセル・ゾボトカが右足でゴール左隅に押し込み、先制点を挙げた。

 失点を喫したウニオンは攻勢に出たものの、反撃にはつながらず、流れは再びデュッセルドルフに。27分、右サイドでパスを受けたベニト・ラマンがドリブルで中央に切り込んで左足を振り抜くが、これはわずかに枠の右。29分には、高い位置でボールを奪ったゾボトカがドリブルで持ち上がり、エリア内からシュートを放つが、相手GKのセーブに阻まれた。

 ウニオンは1点ビハインドで折り返したが、69分に試合を振り出しに戻す。右CKで、内田のライバルである右サイドバックのクリストファー・トリメルが中央にボールを供給。これにダミル・クライラフが頭で合わせると、シュートは左ポストを叩き、ゴールネットを揺らした。

 デュッセルドルフは74分、ラマンを下げて宇佐美を投入。ウニオンは75分、アカキ・ゴギアを下げて内田を送り出す。宇佐美と内田が新天地デビューを飾り、日本人対決が実現した。

 すると78分、エリア内右でパスを受けた内田が華麗なターンから中央へ折り返し。これが相手DFカーン・アイハンのオウンゴールを誘い、ウニオンが逆転に成功した。

 デュッセルドルフは83分、宇佐美がエリア内右から鋭いグラウンダーのクロスを送るが、これは相手GKにキャッチされる。それでも84分、ロングスローのクリアボールにエリア内中央の宇佐美が反応。右足ダイレクトボレーを叩き込み、同点ゴールを奪った。

 さらに終了間際の90分、デュッセルドルフはフロリアン・ノイハウスが右足ミドルシュートを決め、劇的ゴールで勝ち越しに成功。このままタイムアップを迎え、デュッセルドルフが3-2で勝利し、4連勝を飾った。一方のウニオンは今シーズン初黒星となった。なお、宇佐美は74分からの出場で移籍後初ゴールを記録。内田は75分から出場し、オウンゴールを誘発する活躍を見せた。

 デュッセルドルフは次節、17日に敵地でグロイター・フュルトと対戦。ウニオンは15日にアイントラハト・ブラウンシュヴァイクをホームに迎える。

【スコア】
デュッセルドルフ 3-2 ウニオン・ベルリン

【得点者】
1-0 17分 マルセル・ゾボトカ(デュッセルドルフ)
1-1 69分 ダミル・クライラフ(ウニオン)
1-2 78分 オウンゴール(カーン・アイハン)(ウニオン)
2-2 84分 宇佐美貴史(デュッセルドルフ)
3-2 90分 フロリアン・ノイハウス(デュッセルドルフ)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
13pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る