2017.08.22

内田篤人、独2部ウニオン・ベルリン移籍が決定!「ワクワクしている」

内田篤人
ウニオン・ベルリン移籍が決まった内田篤人 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ドイツ2部のウニオン・ベルリンは21日、シャルケからDF内田篤人を獲得したことをクラブ公式サイトで発表した。

 契約は2018年6月30日までの1年間で、背番号は「2」に決まっている。ブンデスリーガ2部のウニオン・ベルリンは、2012年冬から2014年秋までシャルケを率いたイェンス・ケラー監督が指揮。今シーズンはこれまでリーグ戦2勝1分で5位につけている。

 内田はクラブ公式サイトを通じ、「この移籍が速く決まってくれて嬉しいです。ここで、どんなことが待ち受けているのか、ワクワクしています。昨シーズンからウニオンの成長を追っていました。もちろん、イェンス・ケラー監督のことは良く知っています。クラブの目標(昇格)はハッキリしています。この目標に向かって参加できること、そして再びサッカーがプレーできるがとても嬉しいです」とコメントした。

 ウニオン・ベルリンのマネージャーを務めるヘルムート・シュールテ氏は、「右サイドバックを長いこと探していたが、ようやく素晴らしい答えを見つけた。アツト・ウチダという経験豊富な素晴らしい選手と契約することが出来た。チームはますます強くなると確信している」と期待を寄せている。

 現在29歳の内田は2010年に鹿島アントラーズからシャルケに移籍。在籍7シーズンで公式戦152試合に出場し、2ゴール18アシストを記録した。2010-11にはDFBポカール優勝に貢献している。

 2015年3月からは、右ひざの負傷により長期離脱を余儀なくされたが、昨年12月に1年9カ月ぶりに復帰。だが、その後も負傷の影響などで公式戦出場は叶わず、19日に行われた今シーズンのブンデスリーガ開幕節もメンバー外となっていた。

 ドイツ紙『ビルト』によると、内田は18日に代理人のトーマス・クロート氏とシャルケのスポーツディレクター(SD)を務めるクリスティアン・ハイデル氏と去就について話し合いの場を持った模様。ドメニコ・テデスコ新監督のもとで出場機会の減少が予想され、シャルケ退団を申し出たとも報じられていた。

 退団報道から3日後に電撃移籍が決まった。『ビルト』紙は21日に内田のウニオン・ベルリン移籍の可能性を報道。ベルリンの大衆紙『B.Z.』は、現地14時頃に内田が代理人とともにウニオン・ベルリンのクラブハウスを訪れ、メディカルチェックを受けたと伝えると、直後にクラブから正式発表となった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
52pt
マンチェスター・U
41pt
チェルシー
38pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
41pt
シャルケ
30pt
ドルトムント
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
42pt
アトレティコ・マドリード
36pt
バレンシア
34pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
42pt
ユヴェントス
41pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る