2017.08.18

フランクフルト、K・P・ボアテング獲得を発表…長谷部&鎌田の同僚に

K・P・ボアテング
フランクフルト移籍が決まったK・P・ボアテング [写真]=Getty Images
ドイツ最大のサッカー専門誌『kicker』日本語版

 ガーナ代表MFケヴィン・プリンス・ボアテングがブンデスリーガへと戻ってきた。30歳の攻撃的MFは、今週初めにラス・パルマスとの契約を「一身上の都合により」解消。そして、18日には、MF長谷部誠とMF鎌田大地が所属するフランクフルトに2020年までの契約で加入した。ドイツ誌『kicker』日本語版が伝えた。

 クラブの発表によれば、ボアテングは「今後のキャリアを家族の近くで過ごしたいと希望していた」とのことで、ニコ・コヴァチ監督は「彼の加入によって、選手たちは多くのメリットを享受することになるだろう。プリンスはチームを引っ張っていってくれるはずだ。とても精力的に取り組んでくれるだろう。素晴らしいクオリティをもった選手だよ」と大きな期待感を示した。

 ヘルタ・ベルリンでブンデスリーガでのキャリアをスタートさせたボアテングは、そこで現在マネージャーを務めるフレディ・ボビッチ氏(2003〜2005年まで在籍)、そして監督を務めるニコ・コヴァチ氏(1991〜1996、2003〜2006まで在籍)とチームメイトであり、その後2007年にプレミアリーグのトッテナムへと移籍した。

 2010年にはセリエAのミランへと渡り、2013年からシャルケにてブンデスリーガへと復帰している。そして2016年1月には古巣ミランへと戻り、昨夏からリーガエスパニョーラのラス・パルマスへと加入し、リーグ戦28試合に出場して10得点をマークした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
チェルシー
25pt
マンチェスター・U
23pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
ライプツィヒ
23pt
ドルトムント
20pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
27pt
レアル・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
32pt
ユヴェントス
31pt
インテル
30pt
欧州順位をもっと見る