2017.05.15

シュトゥットガルトの1部復帰決定は最終節に持ち越し…直接対決で8戦ぶり黒星

[写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ2部第33節が14日に行われ、ハノーファーと日本代表FW浅野拓磨の所属するシュトゥットガルトが対戦した。浅野は2試合連続のベンチスタートとなった。

 勝ち点「66」で首位のシュトゥットガルトが敵地に乗り込み、同「63」で3位につけるハノーファーと対戦。ともに1年での1部復帰を狙う直接対決となった。勝てば1部昇格が決まるシュトゥットガルトは9分、左サイドのエミリアーノ・インスアからのクロスを、中央のアレクサンドル・マキシムが頭で合わせると、シュートはゴール左隅を捉えるが、相手GKの好セーブに阻まれた。

 さらに37分には、自陣でボールをカットしたセンターバックのマルチン・カミンスキがそのまま持ち上がり、前線へパス。エリア内右で受けたマキシムがグラウンダーのクロスを送るが、ファーに走り込んだフリーのシモン・テローデにはわずかに合わなかった。

 試合が動いたのは40分、ホームのハノーファーが先制に成功する。敵陣中央でセカンドボールを拾ったフェリックス・クラウスが強引なドリブルでエリア内左に進入し、左足を振り抜いてシュートをゴール右隅に沈めた。

 1点ビハインドで折り返したシュトゥットガルトは52分にエベニーザー・オフォーリとヨシプ・ブレカロを下げて、マティアス・ツィンマーマンとダニエル・ギンチェクを投入し、反撃を狙う。57分、ギンチェクが右サイドで相手3人に囲まれながらも、力強いドリブルでエリア内右に進入。角度のないところから強烈な右足シュートを放つが、相手GKの顔面セーブに阻まれた。

 シュトゥットガルトは64分。左CKから中央のテローデがヘディングシュートで狙うが、わずかに枠の右。ハノーファーは76分、右サイドからのアーリークロスに、中央のマーティン・ハルニックがダイビングヘッドで合わせるが、GKミチェル・ランゲラクの好反応に阻まれる。さらに85分には再びハルニックがマイナスの折り返しに右足で合わせるが、これは左ポストに弾き返された。

 シュトゥットガルトは86分、抜け出しかけたテローデがエリア手前でサリフ・サネに倒されてFKを獲得。サネはこのプレーで一発退場となり、シュトゥットガルトが数的有利となった。FKはマキシムが右足で直接狙うが、シュートはわずかに枠の左に逸れた。

 試合はこのままタイムアップを迎え、シュトゥットガルトが0-1で8試合ぶりの敗戦。直接対決を落とし、昇格を決めることはできなかった。浅野は2試合連続で出番なしに終わった。

 なお、第34節の結果、シュトゥットガルトはハノーファーと勝ち点「66」で並ばれたが、得失点差で首位をキープ。2位だったアイントラハト・ブラウンシュヴァイクは、17位アルミニア・ビーレフェルトに0-6の大敗を喫し、勝ち点「63」で3位に後退した。シュトゥットガルトは最終節で敗れると、3位と勝ち点で並ばれるが、現時点で得失点差は10点も離れているため、昇格となるトップ2はほぼ手中に収めている。

 ハノーファーは次節、21日に敵地でザントハウゼンと対戦。シュトゥットガルトは同日にヴュルツブルガー・キッカーズをホームに迎える。

【スコア】
ハノーファー 1-0 シュトゥットガルト

【得点者】
1-0 40分 フェリックス・クラウス(ハノーファー)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る