2017.05.02

3位ホッフェンハイム、4位ドルトが直接対決…CL出場へ前進するのは?

ドルトムント、ホッフェンハイム
4位のドルトムントと3位のホッフェンハイムが対戦する [写真]=Bongarts/Getty Images
「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 6日に行われるブンデスリーガ第32節では、来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)本戦出場権が得られる3位の座を巡る直接対決が控えている。3位ホッフェンハイムと4位ドルトムントの激突。クラブの命運を大きく左右しかねない一戦を前に、両指揮官は互いに自信をのぞかせているとドイツ紙『ビルト』が伝えている。

 前節、後半アディショナルタイムのゴールでフランクフルトを相手に劇的な勝利を手にし、ドルトムントを抜いて再び3位に浮上したホッフェンハイム。チームを率いるユリアン・ナーゲルスマン監督はドルトムント戦について、「3位以内の確保についてプレッシャーを感じているのはドルトムントの方だと思う。私たちはそういうわけではない。手持ちの戦力を考えれば、私たちは今シーズン、“よく戦った”とすでに言える」と両者の立場の違いを冷静に分析。しかし、「どうしても達成しなくてはならないわけではないけれど、喜んでチャレンジするよ」とも付け加え、CL本戦出場権確保に意欲を見せた。

 一方のドルトムントも、前節のケルン戦こそスコアレスドローに終わったものの、DFBポカール準決勝ではバイエルンを破って決勝進出を決めるなど、チームの状態は決して悪くない。トーマス・トゥヘル監督も「ホッフェンハイム戦での勝利を信じられるだけのコンディションとメンタリティがある」と直接対決へ向けて手応えを感じているようだ。

 ブンデスリーガは残り3試合。ホッフェンハイムとドルトムントはすでに4位以上を確定し、両者の勝ち点差はわずか「1」となっている。

(記事/Footmedia)

この試合の他の記事

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
67pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
38pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
46pt
バルセロナ
43pt
セビージャ
38pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
48pt
ラツィオ
46pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング