2017.04.19

ボルシアMGが香川真司の獲得を狙う…ドイツ紙は「実現可能」と報道

香川
ボルシアMGが獲得を検討していると報じられた香川真司 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ボルシアMGが、ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司の獲得を検討していると、ドイツ紙『デア・ヴェステン紙』が18日付で報じている。

 同紙の伝えるところによると、ボルシアMGのスポーツ・ダイレクター(SD)を務めるマックス・エベール氏が、来季のヨーロッパカップ戦出場権獲得に向けて大型補強を画策しているという。総額8800万ユーロ(約102億2000万円)を投じるとも同紙は報じており、その候補の一人として香川もリストアップされているようだ。

 およそ1100万ユーロ(約12億8000万円)とされる移籍金に関しても問題はなく、「移籍は実現可能だろう」と同紙は報道。さらに、同僚のドイツ代表DFマティアス・ギンターにも触手を伸ばし、ドルトムントからの両獲りを狙っているとした。

 今シーズンの香川は、ここまでのブンデスリーガ全29試合中17試合に出場。そのうち先発出場は10試合のみと、トーマス・トゥヘル監督の下で確固たる地位を築くことができていない。今後も状況が変わらなければ、日本代表での活動に影響を及ぼしかねないこともあり、香川がどのような選択をするのかに注目が集まる。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
ライプツィヒ
23pt
ボルシアMG
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
27pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
ユヴェントス
31pt
ローマ
30pt
欧州順位をもっと見る