2017.01.11

ボアテング、3月まで戦線離脱へ…CLアーセナル戦の出場も微妙に

ボアテング
今シーズンはケガに悩むボアテング [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バイエルンに所属するドイツ代表DFジェローム・ボアテングが、3月まで戦線離脱となるようだ。大手メディア『ESPN』が10日に報じている。

 12月20日に右胸筋の腱の手術を受けたボアテング。その影響で、約6週間の離脱がクラブ公式サイトから発表されていたが、同メディアによると、離脱期間が少なくとも10週間となるようで、復帰は3月まで先延ばしとなるようだ。

 先月12日に行われた抽選会の結果、バイエルンはチャンピオンズリーグ・決勝トーナメント1回戦でアーセナルとの対戦が決まっている。両者のファーストレグは2月15日、セカンドレグは3月7日に開催されるが、ボアテングは2試合への出場が不透明な状況となった。

 開幕から出遅れるなど、今シーズンのボアテングは負傷離脱を繰り返している。同選手はシーズン前半戦、ブンデスリーガで7試合、チャンピオンズリーグで4試合、DFBポカールで1試合に出場した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
52pt
マンチェスター・U
41pt
チェルシー
38pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
41pt
シャルケ
30pt
ドルトムント
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
42pt
アトレティコ・マドリード
36pt
バレンシア
34pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
42pt
ユヴェントス
41pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る