2016.08.15

香川、今季初戦は低評価…ライバルのゲッツェは“不可解”な出番なし

香川真司
今季初戦でフル出場を果たした香川真司 [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 昨シーズンのブンデスリーガ王者とDFBポカール覇者が対戦するドイツ・スーパーカップが14日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントはバイエルンに0-2で敗れた。

 バイエルンが国内二冠だったことで、リーグ2位から繰り上げ出場となったドルトムントは、香川がトップ下でフル出場を果たした。 

 今夏、MFマリオ・ゲッツェとMFアンドレ・シュールレのドイツ代表2選手がドルトムントに加入したことで、ポジション争いが激化。香川にとっては、リーグ戦開幕を前に絶好のアピール機会となったが、地元紙『RuhrNachrichten』は、「活発、軽快な動き、創造力もあった。しかし、ノーミスとはいかず。これからマリオ・ゲッツェとのレギュラーを争うのだから、もっとできるはずだ」と総評。持ち味を発揮したものの、ポジション争いをリードするには物足りない内容だったとした。

 同紙の採点でも、香川はガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤン、ドイツ代表DFマルセル・シュメルツァーとともにチーム2番目に低い「3.5」。チーム最高点はスイス代表GKロマン・ビュルキとドイツ人DFフェリックス・パスラックの「2.0」で、最低点はコロンビア代表FWアドリアン・ラモスの「4」だった。(ドイツ紙の採点は最高「1」点、最低「6」点)

ゲッツェ

今夏ドルトムントに加入したゲッツェ(左)とシュールレ(右)[写真]=Bongarts/Getty Images

 香川にとって最大のライバルとなるゲッツェは、ベンチ入りしたものの出番はなし。相手が古巣バイエルンということもあり、注目を一身に集めたゲッツェの欠場について、トーマス・トゥヘル監督は「彼を起用することは考えていなかった。疲労も考慮すれば、すでに4~5週間のトレーニングをこなしてきた選手が試合に出るべき。トレーニングに合流したばかりの選手たちを、スーパーカップに出して疲れさすべきではない」と説明。

 もっともらしい理由に聞こえるが、その一方でドイツメディアは、ゲッツェと同じくドイツ代表でユーロ2016に参加したシュールレとMFユリアン・ヴァイクルは68分から出場し、トルコ代表MFエムレ・モルも78分から出場機会を与えられたことを指摘しており、新たな議論を巻き起こそうとしている。ドルトムントに復帰したゲッツェを巡る話題は、まだまだ尽きないようだ。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
67pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
48pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
38pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
46pt
バルセロナ
43pt
セビージャ
38pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
48pt
ラツィオ
46pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング