2016.04.03

酒井宏と清武出場のハノーファーが5連敗…酒井高が先発のHSVは3発快勝

ハンブルガーSV戦でプレーするハノーファーの酒井宏樹(左) [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第27節が2日に行われ、日本代表DF酒井宏樹、同MF山口蛍、同MF清武弘嗣の所属するハノーファーと同DF酒井高徳が所属するハンブルガーSVが対戦した。酒井宏が右サイドバック、清武がトップ下、酒井高が左サイドバックで先発出場を果たした一方、2018FIFAワールドカップロシア アジア2次予選のシリア戦で顔面にケガを負った山口はベンチ外となった。

 現在4連敗中のハノーファーは、最下位に沈んでおり、2部降格が現実味を帯びている。今節は、ニコ・コヴァチ監督体制での初勝利を目指す。対するハンブルガーSVも現在2連敗中。敵地で勝利を挙げたいところだ。

 最初にチャンスを迎えたのはハノーファー。6分、ピッチ中央でボールを持った清武が浮き球の縦パスを送ると、アダム・サライがエリア内で左足のシュートを放った。しかしこれはGKレネ・アドラーがボールをキャッチし、ゴールを許さない。

 一方のハンブルガーSVは12分、右サイドからのクロスをスヴェン・シップロックがエリア内でキープ。GKをひきつけて横パスを送ると、ボールを受けたイヴォ・イリチェヴィッチが無人のゴールへダイレクトシュートを打った。しかしボールはクロスバーの上へ外れ、ネットを揺らすことはできない。

 23分、右サイドを駆け上がった酒井宏が弾道の低いクロスを上げると、エリア内のウーゴ・アルメイダが右足でゴールを狙う。しかしこれも枠をとらえることはできない。このままスコアレスでハーフタイムを迎える。

 後半に入って60分、ハンブルガーSVはニコライ・ミュラーが右サイドからドリブルでボールを運び、シップロックへラストパス。そのままエリア内でシュートを打つが、これはGKロン・ロベルト・ツィラーが右手一本で防ぎ、チームを救った。

 しかし直後のCKで、ハンブルガーSVはクレーベルがヘディングシュートを叩き込み、先制点を挙げた。

 勢いに乗るハンブルガーSVは73分、右サイドを抜け出したシップロックがグラウンダーのクロスを上げると、中央でイリチェヴィッチが合わせ、追加点を決める。

 さらに75分には、DFラインの裏へ抜け出したミュラーがGKをかわしてシュート。ボールはゴールに吸い込まれ、リードを3点に広げた。

 一気に状況が厳しくなったハノーファーは78分、エリア外からアレクサンダー・ ミロセヴィッチが右足でミドルシュートを放つ。これをGKアドラーが右手一本で防ぐと、こぼれ球をサライが詰めるが、このボールもGKアドラーがブロック。ゴールを割らせない。

 結局、試合はこのままタイムアップ。3ゴールを奪ったハンブルガーSVが快勝で連敗をストップした。一方、敗れたハノーファーは泥沼の5連敗。勝ち点を積み上げることができず、降格に一歩近づくこととなった。なお、酒井宏、清武、酒井高の日本人3名はフル出場を果たしている。

 次節、ハノーファーは8日に敵地で日本代表FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンと、ハンブルガーSVは9日にホームでダルムシュタットと対戦する。

【スコア】
ハノーファー 0-3 ハンブルガーSV

【得点者】
0-1 61分 クレーベル(ハンブルガーSV)
0-2 73分 イヴォ・イリチェヴィッチ(ハンブルガーSV)
0-3 75分 ニコライ・ミュラー(ハンブルガーSV)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る