2016.04.01

香川が2戦連発&絶妙アシスト…ドルトムント、圧巻の5ゴールで3連勝

ドルトムント
圧巻の5ゴールでヴォルフスブルクに完勝したドルトムント [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第32節が4月30日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントとヴォルフスブルクが対戦した。香川は4試合連続で先発出場となった。

 2連勝中の2位ドルトムントが、6試合白星から遠ざかっている10位ヴォルフスブルクをホームに迎えての一戦。今節は、首位を走るバイエルンが勝利すれば、2試合を残してリーグ4連覇が決まる。ドルトムントはわずかな希望を繋ぐため、しっかり勝ち点3を挙げたいところ。先発メンバーには、香川に加えて、バイエルンへの移籍希望を公表した主将マッツ・フンメルスや、マルコ・ロイス、アドリアン・ラモスらが名を連ねた。

 試合開始後、フンメルスがボールを持つたびに厳しいブーイングが飛ぶシグナル・イドゥナ・パルク。だが7分、そのブーイングは歓喜の声に変わった。左サイドのマルセル・シュメルツァーがクロスを入れると、ファーサイドのヘンリク・ムヒタリアンが右足ダイレクトボレー。しかしシュートはゴール方向ではなく真横に飛ぶと、ペナルティエリア内左の香川が反応して右足で合わせて、ゴールネットを揺らした。

 さらにドルトムントは直後の9分、相手のクリアボールを拾った香川が、エリア手前中央で絶妙な優しいスルーパス。反応したアドリアン・ラモスがエリア内に抜け出して、右足シュートをゴール右隅に流し込んだ。ドルトムントは香川の1ゴール1アシストで、立ち上がりに2点リードを得た。

 早々に2失点を喫したブレーメンは19分、エリア内右でボールを受けたダニエル・カリジューリが切り返しから、左足を振り抜く。だがシュートはクロスバーに直撃。ドルトムントは32分、スヴェン・ベンダーのスルーパスで、ロイスが抜け出す。エリア内左で飛び出したGKディエゴ・べナリオをかわして、左足シュートを放つが、わずかに枠を捉えられなかった。前半はドルトムントの2点リードで折り返す。

 後半に入って59分、エリア内中央でパスを受けた香川が、キープからエリア内左へパス。これをベンダーが右足シュートを放つが、GKベナリオに弾き返される。さらに、そのこぼれ球に反応した香川がダイレクトで右足シュートを打つが、これもGKベナリオの好セーブに阻まれる。しかし、セカンドボールをラモスが拾ってバックパス。エリア内右にいたロイスが、右足を振り抜き、鋭いシュートをゴール左隅に突き刺した。

 63分、ドルトムントにアクシデント発生。ウカシュ・ピシュチェクが負傷交代となり、エリック・ドゥルムが送り出された。69分には、ラモスとユリアン・ヴァイグルを下げて、ピエール・エメリク・オーバメヤンとヌリ・シャヒンを投入し、交代枠を使い切った。

 すると終盤にドルトムントが立て続けに追加点を奪い、試合を完全に決定付ける。77分、ロングパスで左サイドに抜け出したムヒタリアンが、中央へ精度の高いクロスを供給。フリーのオーバメヤンが頭で叩き込んで4点目。さらに直後の78分には、シャヒンのスルーパスで、左サイドを抜け出したシュメルツァーがクロス。これを再びオーバメヤンが頭で合わせてゴールネットを揺らした。オーバメヤンは今シーズンのリーグ戦26点目となった。

 86分、なかなか反撃できなかったヴォルフスブルクだが、意地の一発を挙げる。カウンターから、アンドレ・シュールレがエリア内中央へ抜け出して、落ち着いて右足シュートをゴール右に沈めた。試合はこのまま終了。ドルトムントが5-1の勝利を収めて、3連勝となった。なお、香川はフル出場。一方のヴォルフスブルクは7試合白星から遠ざかる結果となった。

 ドルトムントは次節、5月7日に敵地で日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトと対戦。ヴォルフスブルクは、同日に日本代表DF酒井高徳が所属するハンブルガーSVとのアウェーゲームに臨む。

【スコア】
ドルトムント 5-1 ヴォルフスブルク

【得点者】
1-0 7分 香川真司(ドルトムント)
2-0 9分 アドリアン・ラモス(ドルトムント)
3-0 59分 マルコ・ロイス(ドルトムント)
4-0 77分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
5-0 78分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
5-1 86分 アンドレ・シュールレ(ヴォルフスブルク)

 

この試合の他の記事

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る