2015.10.25

バイエルンが開幕10連勝、史上初の1000勝目…大迫は途中出場

ロッベン
先制点を決めたロッベン [写真]=Bongarts/Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ブンデスリーガ第10節が24日に行われ、バイエルンとFW大迫勇也とMF長澤和輝が所属するケルンが対戦した。大迫はベンチスタート。長澤はベンチ外となった。

 首位のバイエルンは開幕から9連勝を飾り、ブンデスリーガの新記録を樹立した。今節も白星を収めれば、記録更新の10連勝となる。なお、先発メンバーにはオランダ代表MFアリエン・ロッベンが長期離脱から復帰している。一方、6位のケルンは2試合ぶりの勝利を目指す。

 試合は0-0で迎えた35分に動く。バイエルンが右サイドから攻撃を仕掛けると、ロッベンからパスを受けたトーマス・ミュラーが中央へ折り返しのパスを出す。これをゴール前のロベルト・レヴァンドフスキが合わせにいったが、相手DFに防がれる。しかし、こぼれ球をロッベンが押し込み、バイエルンが先制に成功する。

 さらに42分、左サイドを突破したキングスレイ・コマンがエリア内左深い位置からマイナスの折り返しを送ると、これをエリア手前のアルトゥーロ・ビダルが右足で蹴り込み、バイエルンがリードを広げた。

 2点を追うケルンは58分、アントニー・モデストを下げて大迫を前線に送り込んだ。しかし、直後の62分、バイエルンが左サイドでFKを獲得すると、ダヴィド・アラバのクロスをレヴァンドフスキが頭で合わせ、バイエルンが3点差をつけた。

 77分にはレヴァンドフスキがPKを獲得。これをキッカーのミュラーがゴール右下に決め、4点差をつけた。試合はこのまま終了を迎え、バイエルン4-0でケルンを下した。これで開幕からの連勝は10となり、ブンデスリーガ史上初の1000勝にも到達した。なお、58分から出場した大迫は試合終了まで出場した。

 次節、バイエルンは敵地で日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトと、ケルンはホームでホッフェンハイムと対戦する。

【スコア】
バイエルン 4-0 ケルン

【得点者】
1-0 35分 アリエン・ロッベン(バイエルン)
2-0 42分 アルトゥーロ・ビダル(バイエルン)
3-0 62分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
4-0 77分 トーマス・ミュラー(PK)(バイエルン)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る