2015.08.24

初先発で2度決定機逃したマインツ武藤、現地の評価も明暗分かれる

武藤
ボルシアMG戦に先発出場した武藤 [写真]=Getty Images

 23日に行われたブンデスリーガ第2節で、ボルシアMGと日本代表FW武藤嘉紀の所属するマインツが対戦。敵地に乗り込んだマインツが1-2の勝利を収めた。今夏加入した武藤が、同試合で今シーズン初先発を果たしている。

 終了間際には2度の決定機を外してしまった同選手だが、ドイツ紙『ビルト』はMFハイロ、MFクリスティアン・クレメンス、MFユヌス・マッリのチーム最高点「2」(最高点1、最低点6)に次ぐ「3」の高評価を与えた。

 一方で、ドイツメディア『sportal.de』は武藤にチーム最低点の「4」をつけた。なお、先制点のクレメンスは同メディアでも最高点に輝き、DFシュテファン・ベルとともに「2」と採点されている。

 マインツは次節、29日にMF清武弘嗣とDF酒井宏樹の所属するハノーファーと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る