2015.08.16

独紙、今季初アシストの香川を高評価…4発圧勝のドルトは軒並み高採点

香川真司
開幕戦で先制点のアシストをしたドルトムントMF香川真司 [写真]=Bongarts/Getty Images

 日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは、15日に行われた2015-16シーズンのブンデスリーガ開幕節でボルシアMGと対戦し、4-0で圧勝した。ドイツ紙『ビルト』が試合後、同試合の採点を掲載している。

 試合は、15分にドイツ代表MFマルコ・ロイス、21分にガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤン、33分と50分にアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンがゴールを決めて、ドルトムントが4-0で圧勝。ホーム開幕戦を制し最高の形でシーズンのスタートを切った。

 香川は、開幕スタメンを勝ち取り、ロイスの先制点をアシスト。66分にはオーバメヤンとのパス交換から惜しいシュートも放っていた。同紙は香川に「2」(最高点1、最低点6)の高採点を与えている。

 また、1ゴール1アシストを決めたオーバメヤンと、2得点を挙げたムヒタリアンが最高点の「1」。1ゴール1アシストのロイスや、キャプテンのドイツ代表DFマッツ・フンメルスなど、香川を含む残りの9名が「2」で、先発選手は軒並み高評価となった。

『ビルト』紙による採点は以下のとおり。

▼GK
ロマン・ビュルキ 「2」 (フル出場)

▼DF
ウカシュ・ピシュチェク 「2」 (フル出場)
ソクラティス・パパスタソプーロス 「2」 (フル出場)
マッツ・フンメルス 「2」 (フル出場)
マルセル・シュメルツァー 「2」 (フル出場/1アシスト)

▼MF
イルカイ・ギュンドアン 「2」 (フル出場)
ユリアン・ヴァイグル 「2」 (フル出場)
マルコ・ロイス 「2」 (78分にケヴィン・カンプルと交代/1ゴール1アシスト)
香川真司 「2」 (85分にスヴェン・ベンダーと交代/1アシスト)
ヘンリク・ムヒタリアン 「1」 (フル出場/2ゴール)

▼FW
ピエール・エメリク・オーバメヤン 「1」 (78分にアドリアン・ラモスと交代/1ゴール1アシスト)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
86pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
89pt
ナポリ
76pt
インテル
66pt
欧州順位をもっと見る