2015.07.04

シャルケの元ドイツ代表MFが引退…ユースチームのコーチ就任へ

アサモア
現役引退を表明したアサモア(写真は2013年のもの)[写真]=Getty Images

 DF内田篤人の所属するシャルケの元ドイツ代表MFゲラルド・アサモアが現役引退を発表した。ドイツ誌『キッカー』が伝えている。

 同誌によると、2014-2015シーズンは2軍にあたるU-23シャルケに所属していたアサモアは1日、現役生活に終止符を打つことを表明したという。また、それと同時に同クラブU-15チームのコーチに就任すること、そして引き続きクラブの親善大使を務めていくことも明らかになった。

 アサモアはこれについて「シャルケを去ることなど、到底考えられなかった。ここは私の居場所だからね。そして過去2年間やっていた大使の仕事もすごく楽しかったよ。指導者の経験もこれから積んでいかなければ」と、同クラブで職を得ることができた喜びを語っている。

 マーケティング部長のアレクサンダー・ヨープスト氏も「これからもゲラルドが我々のところにいてくれる。本当にうれしいことだ」と話している。1999年7月にハノーファーからシャルケに完全移籍したアサモアは、2010-2011シーズンから3年にわたり同クラブを離れていたが、それ以外の13年間は一貫してシャルケに所属していた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る