2015.05.11

シャルケ幹部、2選手即時放出の理由説明「信頼関係はもはや無い」

ヘルト
シャルケのスポーツ・ディレクターであるヘルト氏 [写真]=Bongarts/Getty Images

 シャルケは11日、所属するMFケヴィン・プリンス・ボアテングとMFシドニー・サムとの契約を解除し、「即時放出」したことを発表した。

 ドイツ紙『ルール・ナハリヒテン』は、スポーツ・ディレクターのホルスト・ヘルト氏のコメントを伝え、「2選手との信頼関係はもはや無い」と2016年までの契約があったボアテング、2017年までの契約があったサムと契約解除に至った理由を説明。

 MFマルコ・ヘーガーについては、16日まで練習参加と試合出場の禁止を言い渡したことが発表されたが、「マルコ・ヘーガーについてはクラブへの忠誠心に疑いがある。しかし、1週間の猶予を与えた。日曜日(17日)に話を聞き、どうなるかだ」と処分に含みを持たせた。

 シャルケは10日に行われたブンデスリーガ第32節、アウェーでのケルン戦に0-2と敗戦。直近のリーグ戦12試合で2勝5分5敗と不調に陥っており、順位も第20節の3位から現在は6位まで後退している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
52pt
マンチェスター・U
41pt
チェルシー
38pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
41pt
シャルケ
30pt
ドルトムント
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
42pt
アトレティコ・マドリード
36pt
バレンシア
34pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
42pt
ユヴェントス
41pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る