2015.04.26

2戦連続弾の香川を地元紙が称賛「去りゆく指揮官に花道をつくる」

香川真司
クロップ監督(左)と香川(右) [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images

 ブンデスリーガ第30節が25日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは、同代表のMF長谷部誠とMF乾貴士が所属するフランクフルトと対戦した。

 ドルトムントは、1点リードで迎えた32分、ガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンからの折り返しに、エリア内中央に走り込んでいた香川がフリーで合わせて、ゴールネットを揺らした。試合はそのまま終了し、ドルトムントが2-0で勝利。リーグ戦2連勝を飾っている。

 地元紙『Ruhr Nachrichten』は同試合に出場した選手の採点と寸評を発表。先発フル出場し得点を決めた香川に対して「2.5」(最高点1、最低点6)を与え、「この繊細な日本人は、彼にとっての支援者であるユルゲン・クロップと特に愛情深い関係を築いていた。まるで、香川が去りゆく監督のために、素晴らしい花道をつくろうとしているようだ」と、恩師ユルゲン・クロップ監督の退任が発表されて以降、調子を上げている香川を高評価した。

 続けて「前節のパーダーボルン戦と同じように、この試合でも得点者に名を連ね(32分)、それ以外でも、実に堂々とプレーし、ゴールに向かうことも多かった」と、前節に続き称賛の言葉を贈っている。

 ドルトムントは28日、今シーズン唯一、タイトル獲得の可能性が残るDFBポカール準決勝でバイエルンと対戦する。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング