2015.04.13

警備員に暴行のボスニア代表DFが解雇…ブラジルW杯では主将務める

エミル・スパヒッチ
レヴァークーゼンとの契約解除が発表されたスパヒッチ [写真]=Bongarts/Getty Images

 レヴァークーゼンは12日、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFエミル・スパヒッチとの契約を解除したと発表した。

 スパヒッチは、8日にホームで行われたDFBポカール(ドイツカップ)準々決勝のバイエルン戦後、警備員に暴行を加えたと伝えられていた。

 スパヒッチは友人たちをロッカールームやミックスゾーンにつながる通路へ連れていこうとしたが、警備員はその友人たちをブロック。押し問答となった末、殴り合いに発展したという。

 同クラブのミヒャエル・シャーデ社長は、「衝撃的な証拠映像を確認した。我々はもはや、法的な捜査や裁判の結果を待つことはできないと判断し、互いの合意のもと契約解除という結論に至った。エミルは自身の行動を後悔し、非常に残念がっている。今後の彼の幸運を祈っている」とコメント。スパヒッチは、2016年までの契約を補償なしで解除することに合意している。

 2014年のブラジル・ワールドカップに主将として出場していたスパヒッチは、W杯後に一度は代表引退を表明するも、同年10月に復帰。先月28日に行われたユーロ2016予選第5節のアンドラ戦にはフル出場していた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
6pt
アーセナル
6pt
マンチェスター・C
4pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
ライプツィヒ
3pt
フライブルク
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
セビージャ
3pt
マジョルカ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング