2015.03.15

乾、2アシストにも厳しい自己評価「体のキレがなくミスも多かった」

乾貴士
パーダーボルン戦で2アシストを記録したMF乾貴士 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第25節が14日に行われ、日本代表MF乾貴士と同MF長谷部誠が所属するフランクフルトはパーダーボルンと対戦し、4-0で快勝した。

 同試合で乾は2試合ぶりの先発出場を果たすと、2アシストで勝利に貢献。しかし、「自分自身としては良くなかった」と語る。ブンデスリーガ日本語版公式HPがコメントを伝えた。

 試合は終始フランクフルトが主導権を握り、55分に乾のスルーパスに抜け出したシュテファン・アイグナーがGKの股を抜くシュートを決め、チーム3点目を奪う。82分には、乾のパスを受けたネルソン・バルデスが、ループ気味のシュートを放ち、試合を決定付けた。

 乾は「アイグナーはいつも良いランニングをしてくれるので、3点目はチームとしての狙いでした。そういうのは前半からあったんですけど、見逃して出せなかった場面が何度かありました」と振り返り、チーム4点目については「自分のアシストというよりも、ゴールが良かったと思います」と、バルデスのシュートを称えた。

「どんどん中へ入ってボールを受けるようにと言われていた」と明かす乾は、「意識していたんですが、なかなか良いプレーができなかった。それは反省すべきところですし、ミスが多かったところも反省点です」とコメント。自己評価は厳しく、「1対1もそうですし、体が軽くなかったのでキレもなかった。自分自身としては良くなかったです」と語っている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る