FOLLOW US

原口がブンデス初得点で代表復帰へアピール…ヘルタとシャルケはドロー

シャルケ戦でブンデス初ゴールを決めた原口元気 [写真]=Bongarts/Getty Images

 ブンデスリーガ第25節が14日に行われ、MF細貝萌とFW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンとDF内田篤人が所属するシャルケが対戦した。

 14位のヘルタ・ベルリンが5位のシャルケをホームに迎えての対戦。今シーズンの前半戦では昨年10月18日の第8節で顔を合わせており、ホームのシャルケが2-0で勝利していた。

 今節、原口がベンチスタートで、細貝は3試合連続でメンバー外。内田は負傷の影響でベンチスタートとなり、代わりにトランクイロ・バルネッタが右ウィングバックに入っている。またシャルケは、エリック・マキシム・チュポ・モティングが試合開始直前にスタメンから外れ、19歳のリロイ・サネが先発出場した。

 試合が動いたのは21分。右サイドでパスを受けたヴァレンティン・シュトッカーが中央へ切り込んでシュートを放つと、GKティモン・ヴェレンロイターは反応するもキャッチできない。そのこぼれ球に詰めていたアニス・ベン・ハティラが押し込んで、ヘルタ・ベルリンが先制に成功した。ゴールパフォーマンスでスパイダーマンの仮面を被ったベン・ハティラは、直後にイエローカードを提示されている。

 40分、クラース・ヤン・フンテラールのヒールパスを受けたサネがエリア内左に抜け出し、ライン際まで切り込む。角度のないところでGKとの1対1になると、先に動いたGKトーマス・クラフトを見て、落ち着いてループシュートを決めた。先制を許したシャルケだが、同点に追いついて前半を折り返す。

 後半に入って55分、ヘルタ・ベルリンは、シュトッカーの縦パスでエリア内右に抜け出したサロモン・カルーが右足を振り抜くが、ヴェレンロイターが反応しセーブ。ヘルタ・ベルリンは69分、ファビアン・ルステンベルガーが負傷し、代わりに原口がピッチに送り出された。

 74分に、左サイドでボールを受けた原口が、中央へ切り込んで、エリア手前からシュートを放つが、ヴェレンロイターがキャッチした。すると81分、シュトッカーがエリア手前の正面からシュートを放つと、ヴェレンロイターが一度はセーブするも、こぼれたところに原口が押し込んで、ヘルタ・ベルリンは勝ち越しに成功。原口はブンデスリーガ初ゴールとなった。

 シャルケは83分、右CKから、ニアでベネディクト・ヘーヴェデスが合わせて、ゴール前でジョエル・マティプが触るが、押し込むことができず、チャンスを逃した。すると90分、クリスティアン・フクスが左サイドからクロスを入れると、マティプが頭で叩き込み、シャルケが同点に追いついた。

 試合はこのままタイムアップ。ヘルタ・ベルリンは原口が勝ち越し弾を決めるも逃げ切れず、シャルケと2-2の引き分けに終わった。なお、内田に出場機会は訪れなかった。

 ヘルタ・ベルリンは次節、アウェーでハンブルガーSVと、シャルケはホームでレヴァークーゼンと対戦する。

【スコア】
ヘルタ・ベルリン 2-2 シャルケ

【得点者】
1-0 21分 アニス・ベン・ハティラ(ヘルタ・ベルリン)
1-1 40分 リロイ・サネ(シャルケ
2-1 81分 原口元気(ヘルタ・ベルリン)
2-2 90分 ジョエル・マティプシャルケ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO